<コラム>聖なる数字「3回」を目安にすることをお勧めします

「セッションは何回くらい受けたらいいですか?」

とても多く聞かれる質問です。
1回でも十分得たい答えや変化や解放がありますが、
今までの経験上では、3回を1クールとして受けていただくことをお勧めします。

「3」は聖なる数字です。

三位一体など、一つの聖なる単位です。

オーラソーマ(R)カラーケアシステムでは、基礎コースがレベル1~3まであり、

レベル1はブルーのコース:知識・思考
レベル2はイエローのコース:フィーリング(感じる)
レベル3はレッドのコース:一体化する、グランディングする

72人の天使の天使の名前を呼んでいくことをチャンティング(唱える)するといいますが、
その際も3回呼びます。

1回目は「呼びかける」
2回目は「飲み込む」
3回目は「そのものになる」

と言われています。
思考で理解するというのは入り口でしかなく、理解が腑に落ち、一体化するまでにはプロセスが必要です。

ニュークリエーションで提供しているエンジェリック・スピリチュアルリーディング、レインドロップ、瞑想会などでも同様に思います。
1~3回で、本題へ入る準備を整えていく感じです。期間は最低月に1回など、集中するほうがお勧めです。

なぜならば、
4回目以降に、飛躍的に様々な気付きや変化を感じられる方が多いからです。

同じセラピストやヒーラーでなくても良いのかもしれません。
あなたが自分の癒しやテーマに取り組むときに、最低3回何かしらのセッションを受けることで、
本題に入る準備が整うはずです。自分で管理することも大事です。

1回、2回で気付きや変化について思うようなものを感じられなかった方は、
是非3回、4回とトライしてみられてはいかがでしょう。

2015年9月17日 |

カテゴリー:コラム

«

このページの先頭へ